借金を返して心も軽く

書籍の宣伝チラシ、ゴシップ新聞、街中に見かける宣伝やダイレクトメールで「借金の効率化します」「多重借金をひとつにしたくないですか」といった惹句を見かけることがしばしばです。

こういったものは、「整頓業者」「買取専門屋」「紹介者」という俗称の会社のおとり広告のときがあったりします。

使用した場合には破産申請手順の中で一番大切な免責許可を受けられなくなる危険性が存在します。

「整頓人」というのは、ビラなどで借金を抱える人は寄せ集め、高いサービス料を受け取って負債整理を行いますが、結局は負債整頓は行われないで、借金者はより一層の借金スパイラルに陥ってしまうときがすべてと言ってよいでしょう。

「買取業者」の場合は、債務者のクレジットで飛行機の券を限界まで買い入れさせて、債務人からその物品を買った値段の10%ー額面半値で受け取るという手法です。

一時的には現金が得られますがいつかクレジット会社によって購入品の全額の返済請求が届くことになり、結局のところ借金額を増額させるだけです。

この場合だとカード会社に対する詐欺行為ということで免責が受けられません。

「紹介業者」では、貸金から貸してもらえなくなった債務人に対して、金貸しは全くせずに、提供を可能である店を知らせ、高額な料金を要求するグループです。

紹介者は自分の紹介でお金を貸し出し可能になったようにしゃべりますが、現実は何もしておらず、単純に規程の甘い店を把握しているだけです。

この場合も負債を増大させることになります。
借金 子供