ペットと防災対策について

地震や台風などは、人だけでなく動物も被害者となります。ですが、国では人を対象にした防災対策はありますが、動物達を対象にした防災対策はほとんどとっておりません。自分のペットを緊急事態でも守ってあげるために準備を心がけましょう。 1.備蓄品 最近ではお店でもネット販売でも動物用の防災セットが売られています。食糧、水、器、水のいらないシャンプーなどがありますので最低でも1週間分の食糧と水は準備していおきましょう。 2.首輪 首輪に鑑札や迷子札を付けておくと、ペットが行方不明になった場合でも飼い主を特定しやすいのですぐに見つけることができます。 3.ゲージややテント 被災地の避難場所では動物の立ち入り禁止な場所があります。その際にあらかじめ、小さめの簡易テントやゲージを用意してペット用のスペースを作ってあげると、周りの人や動物も安心して過ごすことができます。 4.しつけ 避難場所では普段慣れていない場所や人がいるという環境がで過ごすことが当たり前です。見知らぬ人に吠えてしまって、相手を不快感にさせないためにも吠える癖を直しておきましょう。 5.予防接種 動物が病気をもってしまうと、他の動物にもすぐにうつってしまいます。また動物達も普段とは違った環境によりストレスを感じて、人に噛みついてしまうことがあるかもしれません。病気がうつったり、狂犬病を発症させないためにも予防接種、ワクチン、狂犬病の注射は必ずおこなってください。 二俣川の駅ビルにある美容室、美容院